2011年04月28日

スピリット デベロップメント サークル



近所で見つけたInspirational Center。

日系人の男性ミディアム(英語のみ話す人)が先頭に立って、

ワークショップやクラスやリーディングを行っているグループみたい。

毎週月曜日の夜には、Spirit Development Circleという時間が設けられていて

希望者が集まり、霊界からのメッセージを届け合う。

先日の月曜日、初めて参加してしまった(英語もままならないのに~!)

仲良くなった日本人の方がいてくれたので、

ちょくちょく説明や翻訳をしていただき本当に助かりました:)

どんな流れかというと・・・

①初めに箱が回ってくる

②その中に番号が書いてある紙切れが入っているので1枚とって番号を記憶する。

③番号の紙を箱に戻す

④再び箱が回ってくる

⑤自分が記憶した以外の紙切れを選び、
その番号の人へ届けられているバイブレーションをリーディングする。


日本でのデモンストレーションは、まず霊を感じてその場に集まっている皆に

出てきた霊についての説明をして、

対象となる人を特定してからメッセージを伝えていたけれど

ここでは紙に書いてある番号のみで(誰へのメッセーかを特定せず)霊界と繋がって話し出す。

でもさすがアメリカ、小さな会でも色々な人種が集まっているので

今回私が見た映像には白人の男性が出てきた為に、

誰宛のメッセージかはすぐに特定できた。

(全員がメッセージを伝え終わったらどの番号が誰のかを答え合わせ)

日本のIIS(アイイス 国際スピリチュアリズム協会)でも沢山のデモンストレーションをしたけれど

お客様はほとんどが日本人中心のアジア人、

アジア人以外の登場人物は霊視した映像の中だけだったような。

・・・そういえば1度サンデーサービスで面白い事があった!

お客様全員日本人の中、デモンストレーションを始めると

小さくて小太りのおしゃれなハットを被ったスーツの男性が歌を歌って踊りだした(笑)

シャツのボタンを胸元まで開けて、ひげを蓄えて、どう見ても日本人では無い。

イタリアン・・・・しかし会場はオールジャパニーズ!

はてさて、どうしたものかと思ったけれど邪念は捨てて見えたものそのままを話したら・・・・


何と会場にいた女性が手を挙げてくれた!

「私の主人はイタリア人です」


彼女の旦那様のおじいさんは歌手をしていたとのこと。



先入観や思い込みで口を閉ざしたら、伝えるべきメッセージを取りこぼしてしまうんだ!って

その時は本当によい勉強をしました。




話はそれましたが、

番号リーディングの後は部屋の電気を消してキャンドルの明かりを囲み

自由リーディングタイム!

誰かが誰かへのメッセージを感じたら

「私はあなたへのバイブレーションを感じたのだけれど伝えても良い?」と、どんどん話していく。

暗闇の中、ここでは通訳も頼めずに無言で過ごしました・・・・笑

始めから終わりまで爆笑が度々入り~の、ここが日本とは大違い!

自由なスタイルなんだ~って、自分が今まで決められた形に閉じこもっていた事に気づきました。
(霊と繋がる時は、なるべく静かに、真面目に、シリアスに、等の思い込み)


何でもかんでも目新しい!












  


Posted by ミタケオアシン at 12:44Comments(4)霊的な学び

2010年01月01日

A Happy New Year !



新年明けましておめでとうございます。

2010年、皆に良い事たくさんありますように^^


2010年、私の課題の一つである「self-esteem」を得るべく

ソニアショケットに勧められた「Heart desire」プログラムに取り組んでいます。

テキストは無くて、耳から入る英語をなんとか理解せねばならず四苦八苦ですが

英語の勉強を兼ねられるから一挙両得!と自分にハッパをかけつつ・・・


2009年の12月31日、今一番大切な3つのdesireを書き出し、

ドリームボックス(自作)に入れました。

まずは3つ、叶うように実験!

願望って、きちんと書き出してみると

自分がわかっていると思っていた事とズレてたりして不思議です。

目的に焦点を合わせるには、

一度自分の魂と向かい合い、

自分の本当の望みをハッキリさせる事が必要。



ちなみに私の友人は、

自分の中で「家」に関する願望は特に大切では無いと思っていたのに

実際書き出して確認してみたら

9つ中2番目に大事だった事が判明してびっくりしていました。

創造・表現、愛・ロマンス、家、仕事、お金、財産、霊的な事柄、体・健康、冒険・旅、etc.....



「あなたはすぐにこれらの優先順位を答えられますか?」


今年も宜しくお願いいたします^^

高手ハルカ












  


Posted by ミタケオアシン at 22:05Comments(2)霊的な学び