2011年06月13日

どんな場所にも光あり!



昨日は学校のBBQパーティーで遅くまではしゃぎ

今日の私はポンコツ。

それでもバイトに出ないといけなくて

そしたら忙しい中他人の失敗が全部新人の私のせいになったり

そんな時に弁解する気もなくて
(これはいつも。私が真実を知ってるからいいやって思ってしまう。時々周りからたしなめられる)

なんか疲れたな~って思いながらも

「いかん!ここで嫌々モードに入ると1日が駄目になる。喜びを見つけなければ!」

と気持ちを入れ替えたとたん、一人のお客様がお店に入ってきた。

40代くらいのしなやかな黒人男性がカウンターで本を読みだした。

彼のオーラの澄んだこと!光ってる!

チラッと覗き込んだら、チャネリングで書かれた本を読んでいた。
(誘導瞑想CD付きの本・日本でも結構人気の作家ジェリー・ヒックス)

思いきって「その本はチャネリングで書かれた本ですね」と話しかけてみたら、

彼はとてもスピリチュアルな人だった!

スピリチュアルな事をあまりよく知らない人と話せる機会がなかったらしく

私が「ミディアムです」というと

とても目を輝かせてくれた^^

そして、「あなたはワークショップを開いていますか?私の友人達はスピリチュアルな学びに興味がある人が多いので是非皆で参加したいのですが」

と言ってくれた!!

そういえば、大好きだった講師としての仕事を

アメリカに来てから出来ていない。

デモンストレーションもやりたくてたまらない、ウズウズしてる。

これを機会に自分でワークショップを開催しようと決めた。

そして、一人サンデーサービスも始めよう!

行動を起こさないと、待ってるばかりじゃ始まらないからね~。

英語で誘導瞑想の原稿を作って
(本来は原稿なしでその場で半トランスが好きなんだけれど、英語だとつっかえちゃったら困るので)

サンデーサービスの会場も探さなきゃ。

どなたか情報あればお待ちいたしております^^


バイト先の人達は

「なんかあのお客さん、ずっと笑顔で本読んで気持ち悪い」

とかって失礼な事言っていたけど

皆にはあのオーラがかんじられなかったのだろうかと不思議でした。

憂鬱なバイトもよきチャンスの場に変わった1日でしたとさ。









  


Posted by ミタケオアシン at 16:10Comments(5)日記

2011年04月26日

やっと一息



お久しぶりです!

猫ちゃんたちの渡米の為に付き合ってもらった友人とセドナへ出かけたり、

免許取ったり、車買ったり、バタバタしていましたが

やっと一息つきました。

この10日ほどアップダウン、ほとんどダウンな事件ばかりが起こりましたが

ミディアムとして働く機会があったことで自分としっかり重なる時間を得られて

先日1日中瞑想する時間が出来たおかげで、しっかり自分に戻ることが出来ました。


簡単にここまでの道のりを説明すると・・・・


逗子でご近所さんだった生徒さん兼ご相談者様

(とても親近感のわく方達で優しい素敵な家族です)のご好意に甘えて成田へ車で連れて行ってもらい

見送りに来てくれた親友と旅行がてら一緒に渡米する友人と合流。

初めて親友の彼氏とご対面し、安心して(この彼なら親友は幸せになるわ、と)機上の人となる。

ハッピー君凝固・ラッキーちゃん叫ぶ(着陸時GERO)

無事アパートに到着・・・・するも玄関の乱雑さに驚く(アパートは高級で素敵)

部屋のカーペットにピーナツや髪の毛、掃除する。

◆その後の悪夢をその時点ではまだ知らず。

付き添ってくれた友人の希望でラスベガス経由セドナへ旅行(ドライブ)

セドナでは満月、カセドラルロックのふもとにて満月のイベントに偶然遭遇し

何故か楽器を手渡され演奏に加わる(見事な明るい満月でした)


演奏中知り合った在米日本人女性の勧めで翌日マダムBのサイキックリーディングを受ける。

紹介してくれた日本女性が受けたというお試し35ドルサイキック手相リーディングをオーダーするも

B「手は2つ、それぞれ違うエナジーを表すわ。
お試しだと1つの手しか見られないから50ドルで通常のリーディングにしなさいよ」

私「現金持ってないんです(ホント)カード使えますか?」

B「カード使えるわよ、オッケー」


納得できる過去の出来事や嬉しい将来を言われてご満悦!

B「あなたのチャクラは過去の出来事で乱れている。ワークが必要よ、300ドル払いなさい、私が整えてあげる」

私「?!300ドルで何回のワーク?」

B「2回。その後は安いもんよ、1回・・・そうね100ドルでいいわ。私には日本からも沢山電話が来るのよ、私は沢山の人から信頼されてるの」

私「でも私引っ越してきたばかりで仕事もしてないしお金ありませんから無理です」

B「あらカードがあるでしょ、それにお金じゃないでしょ!幸せへの投資よ!」

私「じゃ、また今度連絡します」

B「今度っていつ?」

私「落ち着いたら」

B「いつなのよ??」

私「免許取ったら」

B「いつなら払えるの?!あなたは幸せいらないの!?」

私「車買ったら!!!!」



やっと解放されました・・・・・。

紹介してくれた女性は35ドルで済んだし、彼女の彼氏も何事も無く満足したと聞いてたのに


私はとんだ目に遭ってしまった笑 日本人はぼったくりの対象になるのね~

彼女はとてもサイキックな能力があるのに、もったいないなと思いました・・・

どうか期待いっぱいにセドナへ行った人がBに会ってぼったくられてスピリチュアルな真実を疑う事がありませんように。


と祈りつつ帰宅、友人は帰国。



車を購入、ネットで頼んだ携帯は未だ到着せず(現在に至る)

失くしてはいけないものを失くす、落ち込むが立ち直る。

ルームオーナーが必要事項のみメールや手紙で話しかけてくる(20代前半大学生)

若者はこんなもんか?

そしてついに・・・・・誰かの流し損ねた(忘れた?)大きい方のに自宅のトイレで対面!(3人でルームシェア)

私は30代の大人でしょ!っと自分に言い聞かせ流してあげる・・・・・



その昔、ブラジル人ミディアムに教わりました「善霊は清潔が好き」


無理~~~~~~!!!!


その他もろもろあり引っ越し検討中。

その間にもネットで調べた近所のスピリチュアルグループの集いに参加してみたら

日本人の方もいてお友達が出来ました^^

彼らはアイイスと同じサンデーサービスの様な日曜日のサービスをしていたり、

また、月曜日の夜にはリーディングを練習するサークルを開いていて

私にはぴったり!しばらく通ってみようと思います^^

私はIIS育ちで、必ず霊の身元を確認してからメッセージを伝えるって育てられていたのだけれど

こちらでは身元確認なんてまどろっこしいらしく

あるミディアムの女性がなぜか初対面の私に自分の将来に関する質問を聞いてきたとき

私「あなたの身内の細い男性が・・・・」なんて始めたら

女性「この子私の質問理解してる?私は男性の事なんて聞いてないわ!」

と近くにいた日本人女性に言ったり。

あ、TPOにあわせなきゃ!って勉強になりました:)

メッセージを伝え始めて油が乗ってしまったときなんかによく日本では

「それって誰が言っているんですか??」なんて問い詰められていたんだけれど

アメリカでは誰でもいいみたいです、内容が正確なら笑


今日初めて参加したスピリチュアルサークルで

「あなたは日記を書きなさい、そして本を出します、売れます」

というメッセージを貰ったので

日記をノートに書くのもなんだから

ブログに頑張って書いていきたいと思います~^^売れるかな??笑













  


Posted by ミタケオアシン at 16:42Comments(3)日記