2011年05月21日

寿司屋に転職?!



こちらに来てまだ1カ月だけど

来週引っ越しがあったり

すでにバイトしていたり

なんだかもっと前からいるような

完全に生活感あふれている今日この頃・・・引っ越したらやっと完全に落ち着ける!


新しいお家は、結局一人暮らしに決めました。

予算内で猫OKの良い部屋が見つかってやっと一息。
(管理人さんのお家には8匹の猫、お隣さんにも黒いかわいいこが窓辺にいた^^)

色々な部屋を見に行って、

「高い額出してしまおうか?!」

とか、

「ルームメイトはタバコの臭いがするけど(外のみでの喫煙者)決めてしまうか?!」

とか、

毎回何かを我慢して決めようとすると

胸のあたりにしこりがムクムク現れて気が重くなって

結局やめて。

私の信号はソーラープレクサスチャクラとハートチャクラだと確信。

場所でも人でも行動でも、「それ違うんじゃない?」って時は

ムクムク雨雲の様な雲が胸のあたりに現れる。

「不安なだけだ」「考えすぎだ」「いつもの私のネガティブな考え癖だ」とか

解釈を考えてみるんだけど、結局答えは「それ違うよ!!」なんだよね~。

何十年も体験してるのにいまでもたまに目をそらそうとしてしまいます(汗)



久しぶりにバイト(レストランでヘルプ)をしたら精神的に参ってしまい

「神様は私を寿司屋に職替えさせたいのですか??涙」

なんてブーたれてたら

昨日アメリカ人の予約第2弾が入り

「神様、見捨てないでいてくれてありがとう涙」

とブーたれた事を謝りました(笑)


初アメリカ人クライアントの女性Aさんがお友達にセッションのお話をしたら

お友達が是非リーディングを受けたいとのこと。

Aさんのお役に立てたって事だから、良かった~:)



先日、学校でカンバセーションの授業中に先生が

「あなたはサイキックを信じますか?」というお題を質問してきたので

「私の職業はミディアムです」と答えたら(笑)

1時間の授業が丸々スピリチュアルについてのディスカッションになった(笑)

先生(推定30代・男性)が

「ハルカはサイキックなのか?では今試しに僕を見てくれ」

というので緊張しながらも「これも皆に霊界を証明するチャンスだ!」と

先生のおばあちゃんと猫を描写したら

彼は昔沖縄でユタに視てもらったことがあり元から

スピリチュアルな理解はあったようだけどやはり驚いていた。

おばあちゃんは20年近くある猫を大変可愛がっていたけれど猫より先に他界し、

その後猫もおばあちゃんの元へ旅だったそう。

クラスの中には霊的なものを受け入れてる子とそうでない子がそれぞれいたけれど

皆、各々のタイミングで霊的な理解の時は訪れるはずだから

その時に「あ、変な人と同じクラスだったな~」って思い出してくれたら

背中を押す事は出来るはず。


その後、一人の日本人クラスメートがリーディングを受けに来てくれました^^


いつでもデモンストレーションが出来るように準備万端でいないとね!








  


Posted by ミタケオアシン at 01:58Comments(4)霊的メッセージ

2011年03月14日

インスピレーショナルライティング



昨日は2クラスの授業を通して

生徒さんと一緒に遠隔ヒーリングでお祈りと光を送った。

ミディアムクラスでは、インスピレーショナルライティングをし、

瞑想後、半トランス状態になった生徒さんそれぞれの指導霊にペンを取っていただき

今回の地震と津波についてのメッセージを頂く。

今回の震災が私たちに伝えるメッセージと、

被災地の方&被災地外の方へのアドヴァイスを聞いてみた。

それぞれが黙々とペンを走らせ綴ったメッセージは同じテーマが織り込まれていた。

生徒さん達の文章は 国際スピリチュIIS(アイイスアリズム協会)のHPに発表しようと思うので

こちらには私のインスピレーショナルライティングを載せます。


「今回の地震が伝えたいこと」

物事は永遠では無い、目に見えないところでは常に変化をし続けている、

人間が地球に対して行った全てに必ず結果は返る

怒りは熱となり地深く蓄積し、不安は空を曇らせ不透明なエネルギーを蔓延させる

全ての生き物は平等だ

人間の為に犠牲になってもよい命など1つも無い

岩も石も砂も水も木も草も鳥も魚も動物も

全ての命は人間と等しく価値ある命

目に見えない領域で変化を起こしたなら

大きなエネルギーとなって現れる

この先人間はどう使っていくのだろうか。






罰でもバチでも無く、人間も自然の一部だと理解する事。

今すぐ放射能に頼る生活を改めなさい。

今の人間は与えられた剣を善きことに使えない子供です。

エネルギーを作り出す事よりも、そこにあるエネルギーに気づきなさい。

足りないという欠乏感から世界を見ずに

届く沢山の愛に気づき世界を見なさい。




不安や心配や悪い未来のイメージは善霊との絆を断つ以外のなにものでもない。

愛を送り、愛でいなさい。

分け与えなさい。

本当の意味でシェアしなさい。

満ち足りた上で与えるのではなく、手の中のもの全てを与えたならば

地球は良い波動に包まれます。










  


Posted by ミタケオアシン at 18:24Comments(2)霊的メッセージ

2010年02月02日

天使?のアサバさん



最近IIS(国際スピリチュアリズム協会)の広瀬先生がまた本を貸してくれた。

エンジェル・イン・マイ・ヘア(ローナ・バーン)

子供の頃から天使と会話しながら生きてきた女性の実話です。

知的障害だと決めつけられてしまったり

色々辛い思いもしてきているんだけど

2008年にはこの本に真実を書けて、それが世間に受け入れられ。

天使がどんな風に話しかけてきているのか、

どんなふうに私たちの力になってくれようとしているのか

ふ~んって頷きながら読みました。

どうやら天使はもっとたくさん私達の力になりたくて、

いつも話しかけてくれているのに

私たちが気付かずにメッセージを受け取れないでいるらしい・・・もったいない。




そういえば・・・・

去年の秋、23時頃最寄り駅に着いた私は家まで3分の道のりをテクテク歩いていた。

川沿いの暗い道だったけれど、近いし、危ない目に遭ったことがなかったので

いつも通りipodで音楽を聴いていた。

何故かフッと、イヤホンを外した・・・

そして何かの気配を感じ振り向いたとたん

私の脇スレスレを自転車に乗った男が通り過ぎた。

通り過ぎた男は私を振り返り右に曲がって姿を消した。

私が急にイヤホンを外したので慌てて通り過ぎた感じだった。

男が曲がった路地を見ても誰もいない。

男が見えなくなるには早すぎる・・・・。

そのまま暗い川沿いを歩いていたらまたもや嫌な気配を感じた。

振り向くと自転車のライトがフラフラ近づいてくるのが見えた。

慌てて走り川を渡って、なんとか自宅の敷地内へ逃げ込んだ。

後を追って来た男は向こう岸から自転車のライトで私を照らした。

「キャー!」一回叫んでも男は微動だにせず。

「ンギャー!」二回目で男は逃げて行った。その間近所は誰も出てこない。

110番通報したものの不審者は捕まらず。

お巡りさん曰く「ひったくりでしょう」

逗子鎌倉で、ひったくりが多発しているとのこと。

ひったくりならまだしもいたずら目的だったらと思うと怖くて怖くて

しばらくの間恐怖で身動きが取れなくなってしまった。

毎日太陽が沈む前に帰宅するにはどうするべきか、

5時には家に帰らないと、

しかしそうも言ってられない・・・・

引っ越しするべきか・・・・

毎日うつうつと悩んでいた。

そんなある日の午後の明るい日差しの下

ipodを聞きながら歩いていると、おばあさんに呼び止められた。

イヤホンで音楽を聴いている私にわざわざ話しかけてくるとは

中々やるな、おばあちゃん。



私「はい?なんでしょう?」

おばあちゃん「私はアサバと申します。人生は突然変わるのよ!物を書くのはいいことよ!それと、この辺は昔鍵をかけなくてもよい位安心な地域だったけれど最近はひったくりが多いから夜は川沿いを歩かないでね、そうすれば安心よ」


私「・・・・・ありがとうございます」


おばあちゃんは去って行った。

アサバという字がアサ羽なら、おばあちゃん天使確定。

アサバーちゃん曰く、

私が遭遇したのはひったくりであっていたずら目的ではなさそうだった事と、

夜は川沿いを歩かなければ安全だと言われ、私は心からホットできた。

後から考えると、

天使がメッセージをくれて私を安心させてくれたんだと思う。

そうとしか思えない。

それにしても・・・・イヤホンしてるのによく話しかけられます、私。

みんな天使なんですか??


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村









  


Posted by ミタケオアシン at 20:18Comments(1)霊的メッセージ

2009年09月08日

スピリチュアルメッセージ??



今日家の近くを歩いていました。

イヤフォンつけて音楽を聴きながら歩いていました・・・・・にも関わらず、

突然おばあさんに呼び止められました。

慌ててイヤフォンを外すと

「私は作詞家です。○○という歌の歌詞を書いたのよ。私は全然作詞家になるつもりはなかったの。でも、たまたま書いた詩を見た○○さん(有名な作詞家)が素晴らしいと褒めてくれて、歌になったのよ。人生は突然変わるものだからね!」

と言って去っていきました・・・・・。

人生は突然変わっていくものなのでしょうね。

今の私に必要な事なんだろうな~。

こんなビックリがあるたびに、霊界からのメッセージに違いないと考えてます。


ただの変なおばあさんの言葉だと思って終わりにする人もいるかもしれないけれど、

私にとっては重要なメッセージです。

突然の変化を受け入れられて、そして、おいていかれないように

単調な日々にみえる日常で、準備万端に鍛えておかないとね!!

くもを掴むような作業で煮詰まっていましたが

気持ちを新たに頑張ります^^


話しは変わって・・・・最近DVDで、アメリカのドラマ「ゴースト」と「ミディアム」を観ました。

私には「ミディアム」の方が共感できてリアルだと感じました^^














  


Posted by ミタケオアシン at 21:34Comments(4)霊的メッセージ

2009年06月26日

最近の話



先週まで、体の事で病院に行って検査攻めだったり

何だか落ち込んでいましたが・・・最近やっと元気な私に戻りました^^

落ち込みのきっかけはあれども原因は特に無く。

復活の原因も特にわからず。

ここ最近では一番落ちていて辛い日々だったかも。

「頑張って」って言われる辛さが初めてわかりました。

そんな中でも毎日本は読んでいたのですが、

たまにある言葉に反応して、目が止まっちゃう現象が度々起きてました。

毎日お祈りしているなかで、

「どうしてこんな問題がいつも起こっているの?(私の悩みの1つはずっと付きまとっている同じテーマ)私はどうしたらいい?はっきりアドバイスが欲しい」

と祈っていたのですが、

答えは本の中からも返ってきていたようです。

「苦しい体験をしてこそ、苦しんでいる相手の気持ちを理解できる」とかね。

確かに私の仕事には必要だわ。

全ての欲を全く捨てて生きて行きたい、

なんて望んでみたけれど、

この日本に私として生まれてきったって事は、

まだまだ俗世の経験や困難を乗り越える事が必要なんだろうな、とかなんとなく思ってたり。

ちなみに最近は・・・・

オグ・マンディーノ、木村藤子さん、山川夫妻の翻訳モノ・・その辺りを読んでおりました。

そんな小さな?事の積み重ねで、だんだん心が晴れてきました。

落ち込んだついでに、沢山のことを手放せました。それは怪我の功名!!ホントに良かった。

一つは・・・ずーっとわだかまりを持っていて近づけなかった母と歩み寄れた事。

娘の病気疑惑という、母には申し訳ないきっかけでしたが、

会ってみたら以前のように怒りも湧かず。

なんだか穏やかに話せてびっくり・・・。

ついでに今まで許せなかった人もぜーんぶ解放(自分の心の中の怒りをね)する事にして

一挙両得!

落ち込んだり、苦しかったり、

それってやはり意味無くしては起きないって事ですね。

そうしたら仕事で会う人も皆いい人ばかりしかいない!!

私が変わったから?

出会う人が変わったの?


とにかく、遠くに引っ越す前に

心をすっきりさせておきたいな~なんて思っていたから丁度良かった(予定は未定)



ところでお知らせ↓

9月からIIS(国際スピリチュアリズム協会)にて、霊性開花のクラスを持ちます。

詳細はまたお知らせしますので、興味ある方はメッセージでお問い合わせ下さいね^^



P.S.この前久し振りに会った方に言われた一言

「俺はさぁ~、人間ってのは皆根っこは一緒でつながってるんだと思うんだよね~。

だから誰かを怒る意味って無いと思うんだよな~」(飲んでいる為語尾は全部「~」付き^^)

酔っ払いながらも良い事言ってたな~、神様かよって思いながら聞いてましたとさ。





  


Posted by ミタケオアシン at 22:15Comments(5)霊的メッセージ

2009年06月08日

Finding joy in the journey



タイトルにあるjorneyはこの場合「人生」を指します。



その日その日を楽しんで生きる事が私は苦手でした。

特に20代半ばまでは全く出来ていませんでした。

「◎年後になれば幸せになれる」「◎才になったら幸せになれる」「◎㎏に痩せたら幸せになれる」「高校生になったら~」「大学生になったら~」・・・・

小さい頃から占い好きだった私は、

「あなたは◎◎才から人生開花します」なんて情報を得るたびに、

自分の人生の本当のスタート時期を待ち望んで生きていました。

そして20代も半ばにさしかかったある日、急に気づいたのです。

「いつになったらその日は来るのか??」

だって待ち望んでいる絶好調の時期は、雑誌の占い記事毎に、占い師と会うたび毎に

先延ばしになっていくのです。

「このまま待ち望んでいる幸せが始まる日は、一生こないまま年老いて死ぬのでは?」

凍り付いてそら恐ろしくなったのを今でもハッキリ覚えています。

それまでの私は、「捨て日」という言葉を持っていました。高校生の時に命名したのを覚えています。

「来月の16日から星回りが絶好調になるから、それまでは良い事なんてあるはずないから捨て日」

そんな風に考えて日々をこなしていたのです。

スピリチュアリズムやスピリティズムと出会ったことをきっかけに

「人間として生きる」という意味が自分なりに解明出来てきてはいるのですが、

やっぱり長年の悪癖はそう簡単に抜けきれてくれません。

案の定、私の目を覚ますように訴えかける出来事が起こりました。

去年のブログでも報告した病気、様子見状態だったのですが最近また検査で引っかかりました。

手術をするのかしないのか・・・・・

気にしていないつもりでも気づかぬうちに不安を抱えていた私の心の矛先は、

体調だけでなく、恋人や自分の未来に向かっていったのです。

今は充分満ち足りていると感じていた恋人との関係なのに、

将来の日付入りの約束が無い事が不安に思えて仕方なくなってしまったのです。

現実逃避願望も多少加味されていた事でしょう。

彼は遠く離れて暮らしているので、

2人が一緒に暮らし始める日までは「流してこなす日々」という考えが頭をよぎりました

そんな私に昨日彼はこんな話しをしてくれました。

「大きな視点では勿論、計画を決める。ただ、その日その日を楽しんで生きる事、この一週間を楽しんで生きる事、それが僕にとってはとても重要なんだ。そうしてある日、未来のその日にたどり着くんだよ。遠い未来の事ばかり思っていると僕は不安になる。だってその間何が起きるかわからないから悪い想像も入り込んでこれるんだ。でも今を大事に生きる事を重ねていると、悪い想像は入り込んではこれないんだよ」


ははぁ、なるほど・・・・

「捨て日」を持っていた頃の自分を思い出しました。

そしていつものように、神様に質問して眠りにつきました。

「私に必要なメッセージを夢で伝えてください」

でも、今朝は夢を覚えていなかったのです。



話は変わって・・・・今日は週に一回の英会話レッスンでした。

最近、鎌倉の教会でボランティア開催されている無料英会話のレッスンに通っているのです。

「私は宗教に入るつもりはありません」と最初にお断りした上で、

英会話のレッスンだけ受ける事は構わないと言っていただいたので楽しく学んでおります^^

授業は雑誌の記事を読んで訳しながら進んでいきます。

今日のお題は・・・なんと!「Finding joy in the journy」でした。


「日々、瞬間、この一瞬に楽しみを見つけて生きなさい。やりたい事はいつでも出来る(人生は永遠に続いて当たり前)という幻想を捨てて、限りある人生のこの瞬間を楽しんで生きなさい」

という内容の記事でした。

昨日の彼の話と同じ内容。


夢を忘れてしまった私に、わかりやすくメッセージを教えてくれたんだ・・・・・


改めて意識してみると、ついつい私は遠い未来に思いを馳せてしまいがち(汗)

でも、これを機に「今を楽しむ、今日を楽しんで生きる」

意識して取り掛かろうと思う。

気づいたら望んでいる自分でいた!が理想です(笑)




















  


Posted by ミタケオアシン at 18:29Comments(0)霊的メッセージ

2009年06月02日

知らない記憶




最近友人から借りたエドガーケイシーに関する本に、

夢でメッセージをもらう重要性が書いてあり・・・・

ケイシー関連の本は大好きで沢山読んでいるのですが

改めて夢でメッセージを受け取ってみよう!

と、チャレンジしてみた。

方法は簡単、寝る前に次の言葉を宣言するだけ(我流)

1、私は私に必要なメッセージを夢で受け取る

2、私は朝起きたときにハッキリと夢を覚えている

早速第一日目!物凄くハッキリとした夢を見た。

大きな惑星が空に浮かんでる、というか近づきすぎ!

色と模様が印象的で・・・・

夢の中で私は一生懸命惑星の名前を思い出している。

同じ空に月が既に浮かんでいるので月ではない。

「水金地火木・・・・」

これだけ大きく迫ってきている惑星だから、

地球の隣に位置しているはずだと考えた私は

なぜだか「木星だ!」と答えを出した。

よく考えると、地球の隣は金星か火星のはず。

でも何故か自信満々に木星だとの確信を得て、

満足しながら朝目覚めた。

オレンジっぽい縞々の惑星だったので、

ネットで画像を調べてみたら・・・・

やはり木星そのものだった。

惑星の柄や色なんて知るはずも無い。

きっと私が私で無かった頃の引き出しが開いたんだろう。

不思議だ。

占星術で木星は、幸せや恩恵を表すので

ちょっと嬉しかったりして^^(最近落ち込んでいたのでね)

皆さんも簡単なので「夢受信」是非お試しあれ^^

※惑星と恒星の違いとか良くわからないので表記が間違っていたらごめんなさい!





  


Posted by ミタケオアシン at 23:13Comments(0)霊的メッセージ

2009年05月17日

不思議な午後の出会い



午後のひと時、小さな公園のベンチでのほほんとしていたら猫ちゃんが寄ってきた。

どうも妊婦らしい・・・そう感じた私は近くのコンビニへ行ってご飯を買った。

妊婦にはなおさら栄養が必要だと思ってご飯を差し出したが余り食べてくれなかった、

いつももっと美味しいものを食べているから口に合わなかったのだろう。

「もういいの?大丈夫?」と猫に話しかける私の目線の先に、

猫を挟んだ向こう側で誰かが同じく猫に話しかけていることに気づく・・・。


しばらくすると、猫に話しかけていた彼女が私の方へ近づいてきた。

「私も猫2匹飼っているんですよ」彼女が言った。

「私もですよ^^」

そして彼女は私の隣に腰掛けて、そしていきなり話し出した・・・・

彼女には6人の子供がいて、女手一つで育て上げ今では皆が無事巣立っていったとの事。

だが数年前、お子様が失恋をきっかけにうつ病になってしまい大変な経験をなさったそうだ。

どうにか力になりたくても、うつ病は子供の手首に傷を重ねてしまう。

周りを巻き込んでの先の見えない戦いの日々に疲れ果てた彼女は、

ある日、自殺する事に決めた。

その頃、子供達と3人暮らしだった彼女は皆が寝静まった後

マンションのベランダから飛び降りる事にした。

まだ息子が起きている・・・・・

布団の中で寝た振りをしながら心の中で息子にさよならを告げた。


「あなたが寝たら私は旅立ちます、ごめんね」

しばらく寝た振りをして心の準備をしていると、

飼猫が寝室に入ってきた。

すると猫が「撫でてくれ」といって布団に入り片腹を差し出してきた。

猫ちゃんは普段そんな事したことない。

「もうお母さんいなくなることに決めたんだ、ゴメンネ。10分だけ撫でるから、そしたらサヨナラね」

10分が過ぎた、そろそろいこうか・・・・

すると猫がクルッと反転し

「もう片側も撫でてくれ」とばかりにゴロンチョした。

結局30分ほど猫を撫で続けているうちに彼女は

「死ぬのは今日でなくてもいいか・・・・・」

と、思ったそうだ。

私は心から思った。生きててくれてありがとう。

全然知らない人だけど、心の底から、彼女が死なないでいてくれた事に感謝した。

その後、お子様のうつ病も回復し

素晴らしいパートナーを得て、今では幸せに暮らしているとの事。

お子様のうつ病が回復に向かい、

仕事を見つけて初めてのお給料が出た時、彼女にたずねてきた。

「お母さん、欲しいものがあるんだけどお給料で買っていい?」

彼女は答えた

「何でも買いなさい、全部使いなさい。好きなものは全て買いなさい!」

彼女は心から望んだそうだ。

「好きな事して、欲しいもの買って、人生自由に生きる事が一番だ」

彼女は目をキラキラさせながら話してくれた。


「あら、ごめんなさい! 突然こんな話しちゃって・・・何だか引き寄せられちゃっった・・・」

彼女は去っていった。

彼女が生きててくれた事、今思い返してもうるうるくる程ありがたく思う。



あれから毎日考える、彼女の話は私に必要なメッセージでもあったはず。



「好きな事して、欲しいもの買って、人生自由に生きる事が一番だ」


私にはまだ出来ていない。

さて、これからどうしていこうか・・・・・・・。


※お知らせ^^
次回の私出演IIS(国際スピリチュアリスト協会)サンデーサービスは5/24日曜日です^^










  


Posted by ミタケオアシン at 10:21Comments(2)霊的メッセージ

2009年03月10日

外野の声と選択と酔っ払い



自分の未来は自分で作る・・自分でしか作れないって思い知らされた先月。

心機一転したら私の環境に動きは出てきたface01のだが・・・・

同時に色々な(惑わせの)声が耳に入ってくる事多々。何故??

心機一転したんだし、狙いも定めたし(自分で選んだし)、今更惑わせないで欲しいのに・・・

内心振り回されてしまう意思の弱さ・・・・

な~んて事をうだうだ考えながら電車に乗っていたら(座席の一番端に座っていた)

なんと私の座っている真横に立っていた男と酔っ払いオヤジがケンカしだしたface07

男は出発前の電車に携帯電話で話しながら乗り込み、出発してからも携帯で話し続けていた(私も注意しようか迷っていた・・・)

私が迷っている間に(1分に満たない)酔っ払いのオヤジが怒鳴り始めた。

男は電話を切らず応戦→オヤジAが男の胸倉を掴んだ→男が「人殺し」とわめき警察に行くと言い出した・・・・・・

人の怒鳴り声を聞かされている乗客皆、ホントに嫌な気持ちにさせられてしまった。

しかも警察に行くとか言っているのに停車駅で降りないicon10

とっとと降りて続きをしてくれ~と願いつつ耳にイヤホンねじ込み自己防衛。
(余りにくだらない言い合いで割ってはいる気にもならず・・・)

んで考えた。

今日私は「外野の声」について考えていた。

私の意志と外野の声・・・・どっちを胸の柱と据えるか?

声は助言なのか、はたまたお試しなのか・・・・・・

結果→外野の声について悩んでいる(聞いて楽しい話ではなかった)時にケンカが始まって(しかも隣で)すごく疲れが倍増したので→自分の選択続行決定face02


って決めたら、す~って楽になりましたicon22

今日の瞑想で聴いた声
「魂にとっては経験が大切。例え望まない結果が待つとしても、例えそれで疲れてしまうとしても、経験をし損ねる事程のあなたにとってひどい結果はありえない。「それをしない選択」が、一番の後悔」


あえて茨の道を進むのもまたオツかもね。

PS.先日のIIS(アイイス・国際スピリチュアリスト協会)サンデーサービスに来てくださった皆様有難うございますface01このブログで来てくれた方、ちゃんとわかりました・・・勘ですがicon22





  


Posted by ミタケオアシン at 00:07Comments(0)霊的メッセージ