2009年06月26日

最近の話



先週まで、体の事で病院に行って検査攻めだったり

何だか落ち込んでいましたが・・・最近やっと元気な私に戻りました^^

落ち込みのきっかけはあれども原因は特に無く。

復活の原因も特にわからず。

ここ最近では一番落ちていて辛い日々だったかも。

「頑張って」って言われる辛さが初めてわかりました。

そんな中でも毎日本は読んでいたのですが、

たまにある言葉に反応して、目が止まっちゃう現象が度々起きてました。

毎日お祈りしているなかで、

「どうしてこんな問題がいつも起こっているの?(私の悩みの1つはずっと付きまとっている同じテーマ)私はどうしたらいい?はっきりアドバイスが欲しい」

と祈っていたのですが、

答えは本の中からも返ってきていたようです。

「苦しい体験をしてこそ、苦しんでいる相手の気持ちを理解できる」とかね。

確かに私の仕事には必要だわ。

全ての欲を全く捨てて生きて行きたい、

なんて望んでみたけれど、

この日本に私として生まれてきったって事は、

まだまだ俗世の経験や困難を乗り越える事が必要なんだろうな、とかなんとなく思ってたり。

ちなみに最近は・・・・

オグ・マンディーノ、木村藤子さん、山川夫妻の翻訳モノ・・その辺りを読んでおりました。

そんな小さな?事の積み重ねで、だんだん心が晴れてきました。

落ち込んだついでに、沢山のことを手放せました。それは怪我の功名!!ホントに良かった。

一つは・・・ずーっとわだかまりを持っていて近づけなかった母と歩み寄れた事。

娘の病気疑惑という、母には申し訳ないきっかけでしたが、

会ってみたら以前のように怒りも湧かず。

なんだか穏やかに話せてびっくり・・・。

ついでに今まで許せなかった人もぜーんぶ解放(自分の心の中の怒りをね)する事にして

一挙両得!

落ち込んだり、苦しかったり、

それってやはり意味無くしては起きないって事ですね。

そうしたら仕事で会う人も皆いい人ばかりしかいない!!

私が変わったから?

出会う人が変わったの?


とにかく、遠くに引っ越す前に

心をすっきりさせておきたいな~なんて思っていたから丁度良かった(予定は未定)



ところでお知らせ↓

9月からIIS(国際スピリチュアリズム協会)にて、霊性開花のクラスを持ちます。

詳細はまたお知らせしますので、興味ある方はメッセージでお問い合わせ下さいね^^



P.S.この前久し振りに会った方に言われた一言

「俺はさぁ~、人間ってのは皆根っこは一緒でつながってるんだと思うんだよね~。

だから誰かを怒る意味って無いと思うんだよな~」(飲んでいる為語尾は全部「~」付き^^)

酔っ払いながらも良い事言ってたな~、神様かよって思いながら聞いてましたとさ。





  


Posted by ミタケオアシン at 22:15Comments(5)霊的メッセージ

2009年06月08日

Finding joy in the journey



タイトルにあるjorneyはこの場合「人生」を指します。



その日その日を楽しんで生きる事が私は苦手でした。

特に20代半ばまでは全く出来ていませんでした。

「◎年後になれば幸せになれる」「◎才になったら幸せになれる」「◎㎏に痩せたら幸せになれる」「高校生になったら~」「大学生になったら~」・・・・

小さい頃から占い好きだった私は、

「あなたは◎◎才から人生開花します」なんて情報を得るたびに、

自分の人生の本当のスタート時期を待ち望んで生きていました。

そして20代も半ばにさしかかったある日、急に気づいたのです。

「いつになったらその日は来るのか??」

だって待ち望んでいる絶好調の時期は、雑誌の占い記事毎に、占い師と会うたび毎に

先延ばしになっていくのです。

「このまま待ち望んでいる幸せが始まる日は、一生こないまま年老いて死ぬのでは?」

凍り付いてそら恐ろしくなったのを今でもハッキリ覚えています。

それまでの私は、「捨て日」という言葉を持っていました。高校生の時に命名したのを覚えています。

「来月の16日から星回りが絶好調になるから、それまでは良い事なんてあるはずないから捨て日」

そんな風に考えて日々をこなしていたのです。

スピリチュアリズムやスピリティズムと出会ったことをきっかけに

「人間として生きる」という意味が自分なりに解明出来てきてはいるのですが、

やっぱり長年の悪癖はそう簡単に抜けきれてくれません。

案の定、私の目を覚ますように訴えかける出来事が起こりました。

去年のブログでも報告した病気、様子見状態だったのですが最近また検査で引っかかりました。

手術をするのかしないのか・・・・・

気にしていないつもりでも気づかぬうちに不安を抱えていた私の心の矛先は、

体調だけでなく、恋人や自分の未来に向かっていったのです。

今は充分満ち足りていると感じていた恋人との関係なのに、

将来の日付入りの約束が無い事が不安に思えて仕方なくなってしまったのです。

現実逃避願望も多少加味されていた事でしょう。

彼は遠く離れて暮らしているので、

2人が一緒に暮らし始める日までは「流してこなす日々」という考えが頭をよぎりました

そんな私に昨日彼はこんな話しをしてくれました。

「大きな視点では勿論、計画を決める。ただ、その日その日を楽しんで生きる事、この一週間を楽しんで生きる事、それが僕にとってはとても重要なんだ。そうしてある日、未来のその日にたどり着くんだよ。遠い未来の事ばかり思っていると僕は不安になる。だってその間何が起きるかわからないから悪い想像も入り込んでこれるんだ。でも今を大事に生きる事を重ねていると、悪い想像は入り込んではこれないんだよ」


ははぁ、なるほど・・・・

「捨て日」を持っていた頃の自分を思い出しました。

そしていつものように、神様に質問して眠りにつきました。

「私に必要なメッセージを夢で伝えてください」

でも、今朝は夢を覚えていなかったのです。



話は変わって・・・・今日は週に一回の英会話レッスンでした。

最近、鎌倉の教会でボランティア開催されている無料英会話のレッスンに通っているのです。

「私は宗教に入るつもりはありません」と最初にお断りした上で、

英会話のレッスンだけ受ける事は構わないと言っていただいたので楽しく学んでおります^^

授業は雑誌の記事を読んで訳しながら進んでいきます。

今日のお題は・・・なんと!「Finding joy in the journy」でした。


「日々、瞬間、この一瞬に楽しみを見つけて生きなさい。やりたい事はいつでも出来る(人生は永遠に続いて当たり前)という幻想を捨てて、限りある人生のこの瞬間を楽しんで生きなさい」

という内容の記事でした。

昨日の彼の話と同じ内容。


夢を忘れてしまった私に、わかりやすくメッセージを教えてくれたんだ・・・・・


改めて意識してみると、ついつい私は遠い未来に思いを馳せてしまいがち(汗)

でも、これを機に「今を楽しむ、今日を楽しんで生きる」

意識して取り掛かろうと思う。

気づいたら望んでいる自分でいた!が理想です(笑)




















  


Posted by ミタケオアシン at 18:29Comments(0)霊的メッセージ

2009年06月02日

知らない記憶




最近友人から借りたエドガーケイシーに関する本に、

夢でメッセージをもらう重要性が書いてあり・・・・

ケイシー関連の本は大好きで沢山読んでいるのですが

改めて夢でメッセージを受け取ってみよう!

と、チャレンジしてみた。

方法は簡単、寝る前に次の言葉を宣言するだけ(我流)

1、私は私に必要なメッセージを夢で受け取る

2、私は朝起きたときにハッキリと夢を覚えている

早速第一日目!物凄くハッキリとした夢を見た。

大きな惑星が空に浮かんでる、というか近づきすぎ!

色と模様が印象的で・・・・

夢の中で私は一生懸命惑星の名前を思い出している。

同じ空に月が既に浮かんでいるので月ではない。

「水金地火木・・・・」

これだけ大きく迫ってきている惑星だから、

地球の隣に位置しているはずだと考えた私は

なぜだか「木星だ!」と答えを出した。

よく考えると、地球の隣は金星か火星のはず。

でも何故か自信満々に木星だとの確信を得て、

満足しながら朝目覚めた。

オレンジっぽい縞々の惑星だったので、

ネットで画像を調べてみたら・・・・

やはり木星そのものだった。

惑星の柄や色なんて知るはずも無い。

きっと私が私で無かった頃の引き出しが開いたんだろう。

不思議だ。

占星術で木星は、幸せや恩恵を表すので

ちょっと嬉しかったりして^^(最近落ち込んでいたのでね)

皆さんも簡単なので「夢受信」是非お試しあれ^^

※惑星と恒星の違いとか良くわからないので表記が間違っていたらごめんなさい!





  


Posted by ミタケオアシン at 23:13Comments(0)霊的メッセージ