2010年11月30日

ジューンエレニーレインさん





先日11/28の日曜日、

IISにてハーベストフェスティバルという秋のイベントが開催され

私もミディアムとしてデモンストレーションに参加しました。

今回はイギリスからジューンエレニーレインさんというミディアムも参加し、

私史上初めて外国人ミディアムと共同作業?しました(笑)

サイキックアートという、

ジューンさんが現れた霊の絵を描き、私が霊からのメッセージを伝える

「お互い違うものを見ていたらどうすんべ?」って作業だったのですが

無事同じスピリットを感じ、メッセージをお伝えする事が出来ました。

金城先生とは何回かご一緒させていただいていましたが

英語スピーカーとは初めてでしたのでちょいと緊張・・・は全くせず楽しみました^^

私が英語の勉強中だとばれた為、ジューンに「通訳なしで!」と言われてしまい

焦って「無理~!!」と、勘弁していただきました。

IISの日本人ミディアムはバイリンガル、トリリンガルが揃っていて

彼らの目の前ではいつものめちゃくちゃ英語を話せません(恥ずかしすぎて)

でもジューンは「日本語だめよ!!」と、私のレッスンに付き合ってくれました。

優しくてエネルギッシュで素敵な女性でした~^^
(今なら東京のセッションの空きがあと1枠あるようですよ)

一人で行った霊界通信のデモではとても素敵な場面を見せてもらいました。

自殺なさった男性のスピリットが現れ、

ご自身の現在の状況を見せてくれた時の事。

真っ暗な中にぼんやりと暖かいいくつかの光が現れ、

そこが川だと解り、

川の水面を柔らかなあかりの灯った

小さな蓮の花の形をした精霊船がゆっくりと流れていくのです。

暗さと蓮の柔らかな小さな灯りのコントラストがとても綺麗でした。


遺族の愛がしっかりと届いている事、彼がゆっくりと前進している事が理解できました・・・

あぁ、なんて言葉は陳腐なんでしょう・・・・本当に素敵な映像だったのです・・・・・。





あっと言う間に2010年が残り1か月になっていてビックリ!

今年はいくつかの目標を達成できたので充実感があります、来年も頑張るぞ~!!



  


2010年11月06日

読書の秋




今朝、夢の中で指導霊から「シラスは食べるな」と言われた私。

「何でですか?塩分ですか?」と聞いたら

「加工方法と、塩分」と言われた・・・ホントか??妄想か?!

ちょうど冷蔵庫にあるんですけど~!!




10年以上前から度々勧められていたけれど手をつけていなかった

「神からのギフト」「与えつくしの愛」 著者:山村幸夫

友人の家で発見し、ついに読みました。

わが身を振り返ってしまった・・・・

胸を張って誰にだって見せられる生活・・・隠したい事あるし~・・・まだまだ、トホホ。

頬を叩かれて目を覚まさせられた!!

何だか、個人的な欲とか、望みとか、執着がはがれおちていきました・・・・

出会いが欲しい、結婚もしたいし、仕事以外にも望みが沢山あるのだけれど、

もし一生独りでも、こうやってやることやっていられたらとても幸せ、何て思ってしまった。

そして益々、アメリカに行きたくなりました・・・・。



その後すぐに読んだSylvia Browneの自叙伝。

彼女は生まれながらの霊媒で、アメリカで大人気・・・と最近知りました。

今年2回も滞在したカリフォルニアの、しかも近所にいた事に今更気づいて、

会いに行かなかった事を悔やんでみたけれど

彼女のHPを見てみたら・・・あらビックリ!

リーディングのお値段850$ナリ~高すぎて払えません(涙)

Sonia Choquetteの30分400$が限界でした・・・・


ソニアに言われた未来は期日を過ぎても全く現実になっていないけれど、

とっても元気をくれて、失意のどん底にいた私を立ちあがらせてくれたのは事実!

心から感謝。

「占い師に言われた事が現実にならない」「断言された」って悩んでる人多いけど、

ホントの善霊達は未来を啓示する為にメッセージを伝えに来るのではなく、

私たちが元気に前を向いて、光と共に歩いていけるように

メッセージを伝えに来てくれるんだと思います。

(シルバーバーチを読めば納得出来るはず!)

だから、例え相手が有名な占い師だとしても、

納得できない事言われたり、納得できない結果だからといって

落ち込む必要なし!!

ひどい事言う人もいるんですよ~、そんな人の言葉で傷ついちゃだめ!!

皆が自分できちんとメッセンジャーを選べばイイだけ^^

元気出して行きましょう~!

★明日はIIS(アイイス 国際スピリチュアリズム協会)にてサンデーサービスです★
10時からです~
















  


Posted by ミタケオアシン at 22:58Comments(2)お勧めスピリチュアル本