2011年01月15日

1/16 サンデーサービス



明日、1/16日曜日の朝10時から西新宿のIIS (アイイス 国際スピリチュアリズム協会)にて

久しぶりの(私担当)サンデーサービスします!

もちろんデモンストレーションもあり、

IIS期待の星ミディアムの紗枝さんも出演しますので

早起き出来たら是非いらして下さい^^




最近シルバーバーチを読み返しているのですが・・・

動物実験についての霊言を読み、考え込みました。

私もシルバーバーチのおっしゃる通り、動物で実験をするなんて反対です。

命に優劣は無いと思っています(とは言ってもゴキブリと蚊は退治してしまいますが・・・・)



数年前、遠く離れた地方からある方が相談にいらっしゃいました。

その方はお医者様で、心臓外科を専門としているようでした
(ハッキリ本人に確かめてないが話の流れでわかった)

まだ人間の手術をしたことが無く、

動物の心臓で手術の研究をしているとおっしゃっていました。

動物の命を実験の為に使ってもよいのか、辛い、どうしたらいいのだろうか・・・

という質問だったのですが、

彼のガイドからは

「動物に感謝しながら、一生懸命に学びなさい」でした。


ガイドからの回答をそのまま伝えたのですが


私は帰りの電車の中で、自分の意志と反したメッセージを伝えた事でとても苦しみ泣きました。

私は動物が大好きで、人間の命が動物より大事だなんて思えなくて、
お互い様だと思っています。

人間に、動物の命を自由にしていい権利なんてあるわけがない。

シルバーバーチのメッセージでも、動物実験が人間のプラスになどならないと断言しています。


しかし数年前のメッセージは、お医者様に動物実験をやめさせるようなものではありませんでした。


お医者様が「苦しい」と相談したっていうことは、

その方の魂が動物実験を何とも思わないような段階では無く、

充分、愛に目覚めていたからこそ苦しんでいたと思うのだけれど、

なぜガイドからの返答は、お医者様に動物実験を止めさせようとするものでなかったのか・・・。



リーディングは私の意見をいう場ではなく、霊界からのメッセージを伝える場ですが

この時の事だけは、ずっと気になったままです。










  


Posted by ミタケオアシン at 21:29Comments(3)スピリチュアルリーディング

2011年01月04日

2011年は踏切!



明けましておめでとうございます、今年もどうぞ宜しくお願い致します。


タイトルの「踏切」とは・・・・今までウン十年間、

う~んと歯をくいしばってしゃがんで踏ん張って助走していた状態から

ポーンと解放に入り、ジャンプして飛び立っていくイメージ。




ずっと望んでいたアメリカでの「生活」をする事に決めました!

小さな頃から憧れていたけれど、自分には関係のないどこか遠くの話だと感じていた生活。

2年前に具体的な希望となった夢。

自分では「2年も待っちゃった」って感じです。



今の私は学生として向こうに住むのが一番具体的な方法だと考えて、

学生ビザを取り、5月から学校に通います(現在ビザ取得中・・・とれるよね?!)


私の住む地域にはスピリチュアリストチャーチが3つくらいあるので

教会で行われる霊界通信のデモンストレーションに通って、

英語を話せるように頑張って勉強して、

なるべく早くあちらでデモやスピリチュアルリーディングなどの活動をしたいと思っています。

もちろんスカイプリーディングは個人的にもIISでも変わらず継続します!




なので、日本での対面リーディングは4月中旬まで、

アイイス(IIS 国際スピリチュアリズム協会)での高手クラスも、春学期で終了です。

今回は、ミディアム志望者の為のクラスとアウェアネスのクラスを分けました。

だから今まで授業をとることを躊躇していた方もアウェアネスクラスなら

プレッシャーを感じずに楽しく自分の霊的な部分と向き合える予定です^^

最後のクラス、大いに楽しんで、皆で成長したいと思います^^

ギリギリまで受け付けてくれると思うので、興味のある方はIISにご連絡ください:)
http://www.iis-org.jp/course-class/00001_tokyo.html


そんなこんなでルンルンワクワクな2011年のはずが・・・しかーし!
元旦朝イチ超ブルーな母からのメールで始まった。

今までの私の今生の修業、課題、その殆んどを占めているのが母との問題。


私の渡米を快く思えない母は、私の大事な猫達に関するブルーなメールを送って下さいました:(


まずは母に猫達を預け単身渡米し、

ネコちゃんたちを迎えられる体制を作ってすぐにお迎えに来るはずだったのに・・・

旅行で猫を預けるたびに「ハピラキ達を飼いたい、家に置いていって」と言っていた母から

「出かけるかもしれないので猫は預かれません、あなたは自分で選んだ道を歩いて下さい~」って。

その後メールしても音信不通で音沙汰なし(汗)

実は数日前に

「言ってることがち~が~う!!」と悲鳴を上げたそのまんまの正夢を見ていたので、

「これ、夢と一緒だ!」なんて、あまり驚けなかった。。。。


住む場所も決まってないのに、ネコちゃんたちを連れて行っても何とかなるかしら!?

離れたくないのはもちろんだけど、せめて家を見つけてから連れて行きたかった・・・・(涙)


私は結構正夢を見るのだけれど、

ほとんどが「失敗しちゃった~」とか「どうにもできないで地団駄」とか

喜ばしい内容ではない。

正夢には2種類あって、ストーリー仕立てで私が登場人物で自ら体験する夢と、

リアルな声が話しかけてきて起こされる夢(いつも同じ女性)

その昔、熟睡していた私は真夜中の2時に夢の中で声に話しかけられて起こされた、

「彼の財布を見ろ!」って。


そんな事するの嫌だな~と思いながらも、夢の声を無視する事なんて出来るわけがない。

あーあ、と思いながら財布を見てみたら・・・・・どっさり消費者金融のカードが出てきたり
(彼は膨大な借金があることを誰にも言っていなかった)

その時に私はとても嫌な思いをしたんだけれど、

結局それで彼も楽になるきっかけを得たのだろう、と今は思う。

体験型正夢の場合、夢の感情にどっぷりつかったまま目覚めるのだけれど

その夢が正夢だと気づくのは、実生活で夢と同じ事が起こった時。

だから対処のしようがないのです(涙)

夢を見せるならせめて事前対処くらいさせて下さい~(涙)



今の気分は
「未婚で双子を産んでシングルマザー無職で家も無く貯金も無いのに就労ビザの無いままアメリカに引っ越すアラフォー」

って感じです・・・遠くは無い(笑)


「全く困らせやがって~!」とも思えるけど、もしかしたらハピラキは私の大切な家族だから離れないでいいよってメッセージかも・・・・。

これからどうなっちゃうんだろう・・・・・そんな2011年、スタートです。


皆様、素敵な1年にしましょうね^^





はてさて、どう向き合おうか・・・・。









  


Posted by ミタケオアシン at 00:21Comments(13)お知らせ