2009年02月16日

セドナの旅:4(サイキックリーディング編 前半)




久し振りに2008/10のセドナ旅行記の続編です・・・・遅くなりました(ペコリ

マダムワンダのサイキックリーディングの体験談を本で読みとても心惹かれ、日本から予約を入れておいた。

私は小さな時から占いと呼ばれているような未来予知が大好きだった。大人になって自由にお金が使えるようになると、凄い人がいると聞けばどこまででも会いに行った。今まで占い師・霊媒・霊能者・気功師・風水師…沢山の人と会ったけど「本物」と思える様な、心と才能が伴った人は僅か3人だけだった(私の物差しで計測)

才能は凄くても人格がイマイチとか、人は良いのに結果がイマイチとか。ま、霊能力は技術的な部分だけ優れていてもダメなんですよ。人として優れていなければ意味ない。
例えて言えば…有能なコックさん全てが人格者であるとは限らないってのと同じ。一流のスポーツ選手が皆人格者とは限らないって事。
今回ワンダは4人目の人となりました。

仕事・パートナー・親との関係について話してきたんだけど、ついでに過去世退行もしちゃいました。

私はずーっと母親といる事で苦しんできました。両親は物心付く前に離婚し、私は母に引き取られました。中学生までは祖父母や叔母家族と同じ屋根の下、磯野家よりも大人数の中育ちました。小さな時から母の気分次第で感情的な言葉を投げられてきました。高校と大学の受験日前日には不機嫌になった母に「どうせ落ちる、受かるわけない」と言われ悔しさの余り泣いた記憶があります。高校からは母の不倫に巻き込まれ私の心はボロボロになりました。現在、昔よりは母を許せているのですが…今でも顔を見ると苦しく、話せば胸が締め付けられ心臓バクバク、近寄れない…近寄りたくないのです。仮にもスピリチュアリストとして人様の相談にのる身の私、母に対してのこの反応、なんて小さくてダメな人間なんだ…とずっと自分を責めていました。

ワンダは、3才の時に親から受けた言葉によって心と身体にブロックをかけて自分を守り出したわね…と言いました。私にはそれが何を指しているのかハッキリ解りました。
母と祖母に、一年かけて楽しみにしていた約束を破られた事です。約束を守らない理由を聞いたらなぜか逆ギレされうるさいと怒られたのです。その時、「この人
達は信用出来ない」とハッキリ思い、1人で生きる方法を模索した記憶があります…余りにも大変そうで諦めましたが。

3才って何でも理解してるんですよ…子供だからといって侮ってはいけません。


ワンダの誘導で3才の時の事件現場に戻りました。小さな私のハートから傷付いた部分を取り除いた後、大好きな動物達が楽しそうに行進しながらハートに入って行くのが見えました。沢山のお花も行進して行きます…とても満たされた小さな私…のはずなのに、現実の私の心臓はバクバクしだし腹わたが煮えくり返る様な怒りが込み上げてきたのです(後日リーディングを録音したテープを聞いてみたら、何と心臓の音が録音されていました!マイクはテーブルに置いてありワンダの声よりも心音が大きく聞こえてくるはずは無いのに・・・)

怒りを感じている事をワンダに伝えると、怒りの原因の歳に戻りなさいと誘導されました。
その途端回りに砂漠が現れて、10才位のアラブ系の女の子が両親に売られる場面が見えました。インドよりちょっと西の地域、女の子は私です。両親のどちらかは母の魂のよう。両親は笑顔で調子良い言葉を娘にかけています、何とか娘を街へ行かせようと必至です。しかし娘は自分の行く先に何が待っているのか気付いていました。でも両親を信じたい気持ちもあり凄く混乱しています。
私はとっさにその場から娘をさらい、修道院の様な場所へ預けました。
娘をそのまま放っておいたなら、売られた先で大勢にレイプされヒドイ目に遭いボロボロになって死ぬ事が手にとる様にわかったからです。

すぐにワンダも娘を助ける様誘導しました。

既に修道院に連れて行った事を伝えて、しばらく様子を見る事にしました。


幼い娘はほうきで庭掃除をしています。
娘は霊的な才能に長けていて、10代の娘の元へ村人達が相談にきます。
大人になると彼女は儀式の司祭として人々の前に立つ様になりました。


そこでワンダは、3才の小さな私とアラブ娘の2人を現在の私の胸の中に入れて、今後一緒に仕事をしていくように誘導しました。毎日2人と会う様に言われました。



心臓も落ち着きスッキリした気持ちで目を開けると、とても心地よい自分がいました。

何だか楽しい気持ちでワクワクしています。

過去を救って、今の自分も変化を遂げたのでしょう。

母の問題は母の抱えている問題であり私にはどうすることも出来ない、と言われました。
あなたは母にとって良い娘であろうとする前にまず自分を愛しなさい、とも言われました。

色々な人から同じアドバイスを何回も言われてきたけれど母との関係を手放せないでいました…が、今回は自分を良い娘であろうとする事から解放する事に決めました。
楽になりました…続く

※左の写真は動物達のハートパレードの2日後、グランドキャニオンでお馬さんとパチリ直前に顔でグリグリ押されてビビる私、お馬さん笑ってるんですよ・・・・超笑顔



同じカテゴリー(Sedona(セドナ))の記事画像
sedonaの旅(ボルテックス編)
セドナの旅:2(欲望オヤジ編)
sedonaの旅(エピローグ)
同じカテゴリー(Sedona(セドナ))の記事
 sedonaの旅(ボルテックス編) (2008-12-21 22:40)
 セドナの旅:2(欲望オヤジ編) (2008-12-18 11:03)
 sedonaの旅(エピローグ) (2008-12-08 08:59)

Posted by ミタケオアシン at 22:55│Comments(2)Sedona(セドナ)
この記事へのコメント
こんにちは!

素晴らしい体験をされたんだな、と読みながら思いました。
私も似たような経験を持っているので、特に読み入ってしまいました。

実は私もこの夏にセドナに行く予定を立てています。
マダムワンダさん、私にも探せると思いますか?
可能であれば、是非私もリーディングして頂きたいです!
Posted by 花 at 2011年02月03日 05:57
花さま
コメントありがとうございます。なんと花さまのおかげでこの記事を見直し、重要な事を思い出せました、感謝です!ワンダはHISやALA1で申し込めるはずですよ!素敵な旅を!
Posted by ミタケオアシンミタケオアシン at 2011年02月07日 00:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。